商品比較・食べ比べ

【選ぶならコレ!】お中元におすすめのお取り寄せハンバーグ

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年、グルメサイトで10年働いていたみやんです

お中元の代表的な贈り物は「そうめん」や「ゼリー」など、涼を感じさせるものが一般的。

ですが

先方が喜びそうなもの

他の人とかぶりにくいもの

という理由で、お取り寄せのハンバーグを選ぶ方もいます。

その際、「どれが良いんだろう?人気商品にしておくか」と安易に選んでしまうと、

作るのがとても手間なハンバーグだった

夏には不向きな胃もたれしやすいハンバーグだった

という失敗に繋がることも。

この記事では、お取り寄せハンバーグマニアの私が「お中元におすすめのハンバーグ」を、理由を交えて紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

お中元におすすめ!お取り寄せハンバーグ

贈り物をするからには、やっぱり喜んでもらいたいですよね。

「美味しかった」

と言われたい。 でも味の好みは人それぞれなので、人気の商品を選んでも確実ではありません。

ですので、ハンバーグを贈り物にするときは、味以外でも喜ばれそうな特徴を持った商品を選ぶのがポイントです。

肉のひぐち:飛騨牛ハンバーグ

一つ目に紹介するのは、ブランド牛を使用していながらリーズナブルな価格を実現している、肉のひぐちの「飛騨牛ハンバーグ」。

おすすめのポイントは以下。

どんな食べ方でも合うバランスの良さ
ケチャップ、デミソース、和風、何にでも合うので先方好みの味で食べられる。

冷凍のまま焼ける
解凍の手間がいらないので用意がとても楽。
※お取り寄せハンバーグは冷蔵庫で半日~1日かけて解凍が必要、といった商品が多い

ちょっとした特別感と、家庭での扱いさすさを備えた、バランスの良い逸品です。

外箱 ※画像出典:楽天市場より

※実食レビューや口コミ情報を見たい方はこちら

格之進:黒格・白格・金格ハンバーグ

次に紹介するのは、飲食店経営や、焼き肉店の開業サポートを行っている肉のプロ『格之進』。

お取り寄せでも実店舗でも、そのハンバーグは有名

格之進ハンバーグのおすすめポイントは、以下。

数々の賞を受賞
・オンワードマルシェ2年連続1位受賞。(2017年、2018年)
肉フェスグランプリ3年連続グランプリ受賞。(2016年、2017年、2018年)
・フードアクション ニッポンアワード2018最高賞受賞。

全てが高レベル
味、肉汁、仕上がりの見た目、作りやすさ、箱や包装、全てレベルが高いです。

ハッキリ言って非の打ち所がありません。 家庭用にも贈り物としてもおすすめ。

特におすすめなのが、「焼き上がりがふっくら美しく出来上がる」ところ。 そこそこ味が美味しくても、仕上がりがぺったんこのハンバーグだと感動も薄れてしまいますからね・・。 その点でも格之進のハンバーグは安心です。

スタンダード商品は「黒格・白格・金格」の3種類ですが、贈り物にするなら3種類がひとまとめになった食べ比べセットがおすすめ。 「どれから食べよう?」といった楽しさも提供できます。

 

デザイン性の高い外箱

 

箱を開けたところ。一つ一つの袋もデザインが凝っています

※実食レビューや口コミ情報はこちら

銀座四丁目スエヒロ:シチューで煮込んだハンバーグ

最後に紹介するのは、銀座でレストランを経営していた「銀座四丁目スエヒロ」のハンバーグ。

レストランのシェフたちが長年培ってきたノウハウや技術を詰め込んだ、こだわりの逸品です。

おすすめのポイントは

常温保存可能
保管場所を選ばないので収納しやすい

老舗レストラン感が贈り物にピッタリ
包装紙のシールに店名が印字されていたり、手持ち用の紙袋を選択できたり、贈答用としての完成度が高い

通販サイトの口コミを見ると、「お中元に喜ばれた」「お中元のお返しに喜ばれた」という声が他のお取り寄せハンバーグより多く見られました。

その理由は常温保存。

贈り物で冷凍庫がいっぱいになっているので、常温保存できるものはありがたい

という理由で喜ばれているようです。

夏になると冷凍庫が埋まりやすくなるので、冷凍の贈り物をもらっても入りきらない可能性もあります。そういった先方の事情まで考慮した贈り物をすれば、喜ばれる可能性がグッと上がりそうですね!

「シチューで煮込んだ」ものなので胃もたれしそうなイメージがありますが、意外とそんなことはなく、食べたあともサッパリでした。

 

外装表

 

裏面。お店のロゴ入りシールが光ります

 

紙袋付きを選択可能

 

紙袋に入れた状態

 

中箱を開けたところ

 

※実食レビューや口コミ情報はこちら