お得・ポイント・裏技

【間に合った】年末に返礼品を申し込んで12月31日にワンストップ特例申請書を送った話

2020年の12月に初めてふるさと納税を利用した私。

12月中旬に慌てて申し込んだので、ワンストップ特例制度が間に合うか不安だったのですが、結果的に大丈夫でした。

ワンストップ特例申請書は、1月10日までに自治体が受け取る必要があります。

 

以下、ふるさと納税の返礼品を申し込んで自治体から受付連絡が来るまでの流れ。

2020年12月にふるさと納税を申し込んだときの時系列
返礼品申し込み12月16日~20日
ワンストップ特例申請書到着12月20日~28日
申請書をポストに投函12月31日
受付完了連絡全て受領1月8日

 

『12月中旬以降に返礼品を申し込んで、ワンストップ特例申請は間に合うのだろうか?』と気になっている方は、私の例を参考にしてみてください。

※私は関西在住で、利用したサイトは楽天市場です。住んでいる場所や自治体によってスケジュール感が変わる可能性があるのでご注意ください。 

返礼品を申し込んでからワンストップ特例申請の手続きが終わるまでの流れ

返礼品を申し込んでから受付完了の連絡をもらうまでの流れは以下となります。

12月16日~12月20日に返礼品申し込み

2020年の12月に入ってから「ふるさと納税」のやり方を少しづつ学習して、おおよその概要を理解できたのが12月15日頃。

返礼品を吟味する時間が無かったので、とりあえず人気の返礼品を申し込みました。

 

12月16日に申し込んだ返礼品は以下3点。

佐賀県唐津市:唐津バーグ
※ハンバーグ

山形県天童市:つや姫
※お米

岐阜県各務原市:岐阜鰻 たむろ ”極”
※うなぎ

 

12月20日に、もう1点を申し込みました。

 

12月28日に申請書が全て揃う

最も早く申請書が届いたのは、佐賀県唐津市でした。(返礼品を申し込んでから3日くらいで届いたかも)

一番最後に申し込んだ宮崎県都城市の申請書が届いたのは12月28日。

異様に早かった唐津市以外、どの自治体も申請書が届くのは、だいたい1週間前後でした。

12月31日に申請書をポストへ投函

必要書類は事前に用意していたのですが、なんだかんだバタバタして申請書を提出したのは12月31日の朝になってしまいました。

みやん
みやん
年末は色んな用事で忙しくなるから、スケジュール管理には気をつけよう

1月8日までに全て受付完了の連絡が来て終了

ワンストップ特例申請書を受け付けたという連絡が来るのか不安だったのですが、4自治体ともちゃんと連絡がありました

 

各自治体の連絡方法と連絡のあった日付
唐津市1月5日にメールで連絡あり
天童市・都城市1月8日にメールで連絡あり
各務原市1月8日に書類での通知

※メール=楽天市場に登録しているアドレス。

人気のある自治体はワンストップの対応が早い

佐賀県唐津市の『唐津バーグ』はふるさと納税の返礼品としてめちゃくちゃ人気が高いのですが、だからでしょうか、ワンストップの対応がとても早かったです。

私が申し込んだ4自治体の中で申請書が届いたのも一番早かったですし、「受け付けました」の連絡も一番早かったです。

それもそのはず。 申し込む人がとても多いので、

「いつですか?」

「まだですか?」

という問い合わせが殺到したら、対応しきれないですもんね。

(ただし返礼品のハンバーグが届くのは一番遅かった・・)

『このタイミングでふるさと納税を申し込んで、ワンストップの申請は間に合うのだろうか』と不安に思っている方は、唐津市の返礼品を申し込むと良いかもしれません。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【4品レビュー!】2020年のふるさと納税でもらったもの 2020年に初めてふるさと納税を利用した私。 年末ギリギリで申し込んだので、返礼品を吟味する時間がありませんでした。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です