お店や商品の情報・調査

2022年マツコの知らない「もはや国民食!ハンバーグの世界」

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年、グルメサイトで10年働いていたみやんです

『マツコの知らない世界』のハンバーグ回は2022年7月現在、全部で3回。

1回目:2015年10月放送「食欲の秋はマツコの秋!ウマいものづくし2時間スペシャル」※ゲスト/五島鉄平さん

2回目:2018年12月放送「インスタントハンバーグの世界
※ゲスト/松島和之さん

3回目:2022年6月放送「もはや国民食!ハンバーグの世界
※ゲスト/五島鉄平さんとその息子さん

この記事では、3回目に放送された最新の回を紹介しています。

通販で買えるハンバーグがメインの回は第2回目の放送。そちらについては↓の記事で紹介しています。

参考記事:全10品!インスタントハンバーグの世界【マツコの知らない世界】で紹介されたお取り寄せハンバーグ

2022年ハンバーグ業界の進化

最近のハンバーグは映えも意識された完成度の高いハンバーグが多数生まれている、とのことで、以下のお店が紹介されました。

時間をかけて紹介されたお店はこちら。

■クールカフェ 究極ハンバーグと鉄板フレンチトーストのお店
東京都荒川区西尾久8-38-1:食べログページ

紹介されたのは、「フワトロバーグラーメン」というメニュー。

そう、なんとラーメンなのです。

マツコさんとゲストの掛け合いは↓のような感じでした。

マツコ「急に色んな要素が入り過ぎて・・」「ラーメンだよね?」

マツコ「スープを飲んでいるけど、ハンバーグの味がする」

マツコハンバーグ美味しい。やだ ちょっと・・

マツコめっちゃ好き ここのハンバーグ

ゲストの息子さん「普通のデミグラスソースも食べて欲しい

マツコ「食べたかったのよ」

マツコ「うまぁ いぃぃ」「デミグラスの焦げた感じも良い

ゲストの息子さん「塩麹を入れているのでとても柔らかい」

マツコ「これは食べておいて良かった。ちゃんとお店のことを把握できた」

 

紹介されたお店

■アラビキダゼ/超アラビキハンバーグ
東京都渋谷区恵比寿西1-9-10:食べログページ

現在は『黄身乗せ』系のハンバーグがとても多いそうですが、その中で紹介されていたのがこの店舗。

 

■Woo’s Burg/クリームチーズポテトハンバーグ
静岡県三島市松本266-1:食べログページ

 

 

■A5黒毛和牛専門店 はんばーぐ ますお 高田馬場店/アボカドサラダハンバーグ
東京都新宿区高田馬場1-29-6:食べログページ

 

■ハンバーグレストラン アッシェ/アッシェハンバーグ
東京都荒川区西尾久8-25-1:食べログページ

 

 

■歓喜の牛/テリーヌ型バーグ
東京都港区港南2-4-11:食べログページ


■挽き肉のトリコ/うなぎ×バター×ハンバーグ
東京都渋谷区宇田川町36-2:食べログページ

 

日本のハンバーグ進化の歴史

続いてのコーナーは日本のハンバーグの歴史。

1962年マルシンハンバーグが発売

1970~1980年代:ファミレスハンバーグブーム。大阪万博でロイヤルホストの前身「ロイヤル」が出店。連日2,000個を超えるヒット。

2008年ガストからチーズinハンバーグ発売

2010年代セブンプレミアムゴールド「ハンバーグステーキ」発売。2010年初年度に212万個売り上げ

2022年:目の前焼きハンバーグ

とのことで、今年(2022年)のブームは「目の前焼きハンバーグ」だそう。

紹介されたお店

■挽肉と米 渋谷
東京都渋谷区道玄坂2-28-1:食べログページ
※吉祥寺と渋谷のみ。

お手頃サイズ(90g)のハンバーグが3つで一人前。

目の前焼きのシズル感が映えるとSNSで人気に火がついたそうです。

精肉所の温度が6℃で、脂身が溶けないようにしており、それがゆえにとってもジューシーなハンバーグに仕上がるそう。


もう一店舗紹介されたのが、

■HAMBURG RESTAURANT/Chami
東京都墨田区太平4-6-17:食べログページ

カウンター席の前の鉄板でハンバーグを焼いてくれるそうです。

 

今、食べておくべき!?洋食店ハンバーグ

最後のテーマは洋食店ハンバーグ。

最近は新しい奇抜なメニューに押され気味なのか、昔ながらの洋食店が減り続けているそう。

まずは無くなってしまった店舗の紹介。

恵比寿「スキレット」:食べログページ

笹塚「レストランASA」:食べログページ

新白河「モンシェリー」:食べログページ

中野「ローズガーデン」:食べログページ

無くなって欲しくない、という想いで紹介されたのが、世田谷区(経堂)にある

■はしぐち亭
東京都世田谷区経堂1-11-13:食べログページ

紹介されたメニューは

『手ごねジューシーハンバーグ 自家製デミグラスソース』

 

両面をカリッと焼き、デミグラスソースを作る前のブイヨン状態で煮詰めるのが特徴。

少し大人っぽいビターな味に、マツコさんも

「キレイね。断面」
「これ、デミグラスなくても美味しいわ」
「ただ焼いただけとは違う、味が染みたものの食感が入ってる」
「これは美味しいです」
「デミグラスかけてない状態のやつ、めっちゃ美味しい」

と絶賛でした。

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!!