商品比較・食べ比べ

【洗練された5品のみ紹介!】贈り物にするならこのハンバーグ!

 

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年、グルメサイトで10年間働いていたみやんです

人気の商品から、まだあまり人に知られていない商品まで、これまで40種類近くのハンバーグを購入して食べてきました。※2021年7月現在

その中から、とりわけ贈り物としてふさわしいと思えるハンバーグを、この記事で紹介しています。

お中元やお歳暮、父の日、母の日、内祝いなど、お取り寄せのハンバーグを贈り物にしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

見た目が良いものやブランド力があるものを選ぶと好まれる

『プレゼントしたらとても喜ばれた』と言われるハンバーグには、ある共通点があります。

それは、

箱や包装の見た目が良く、ブランド感、ブランド力がある

こと。

美味しかった、と言ってもらえた
より、
こんな良いものをありがとうと言ってもらえた
という口コミ情報や感想の方が多いです。

つまり、箱をあけた瞬間に『良いものをもらえた』と思ってもらえる商品を選ぶことがポイント。

贈り物に選びたいハンバーグ5選

今回紹介するハンバーグは、味が美味しいことに加えて、以下の条件を満たすものを基準に選んでいます。

・箱や包装などの見た目が良い

・何かしらのブランド感を有している、または販売元にブランド力がある

同梱どうこんされているレシピがしっかりしていて、その通りに作って失敗しない

格之進:黒格・白格・金格ハンバーグ

まず最初におすすめするのは、

・オンワードマルシェ2年連続1位受賞。(2017年、2018年)
・肉フェスグランプリ3年連続グランプリ受賞。(2016年、2017年、2018年)
・フードアクション ニッポンアワード2018最高賞受賞。

と、数々の賞を受賞している格之進のハンバーグ。

箱や包装は全体的に洗練されたデザインで、特に小分けの袋が秀逸。 冷凍庫に入っているのを見るだけで、「どんな味がするんだろう?」とワクワクしてきます。

洗練されたデザイン

 

小分けの袋もデザイン性が高い

 

ふっくら仕上がり、肉汁もほどよく閉じ込められていてジューシー。

味にクセが無いので「好みに合わなかった」と言われる心配も無いでしょう。

付属のレシピもしっかりしているし、ショップ公式の動画でも作り方が説明されています。
※IHで作る場合の動画も用意されています。

これでもかというくらい『おもてなし』の精神にあふれる格之進のハンバーグ。非の打ち所がありません。

贈り物に選んで間違いの無い逸品です。

 

タップ(クリック)して口コミ情報をもっと見る

 

 

 

※詳細な実食レビューを見たい方はこちら ⇒ 格之進のハンバーグ「黒格・白格・金格」は美味しいのか?口コミ情報と実食レビュー!

牛松本店:松阪牛 特選ハンバーグ

「楽天ランキング リアルタイム&デイリー」で1位を獲得したこともある、牛松本店の「松阪牛特選ハンバーグ」。

A5等級の松阪牛100%使用』、もはやこれだけで贈り物として最大のインパクトですが、その価値をさらに高めるような箱や包装が素晴らしいです。

包装紙の字体も品があります

 

桐箱に入っています。喜ばれる率100%!

 

小分けの袋も高級感があります

 

ハンバーグの味はフラットな味付けで、「好みじゃなかった」と言われる可能性も低く、作り方も至ってシンプル。

松阪牛を使用していながら他のお取り寄せハンバーグに比べてそこまで値段が高くないのも嬉しいポイント。

贈り物として人気の高いハンバーグです。

 

タップ(クリック)して口コミ情報をもっと見る

 

 

 

※詳細な実食レビューを見たい方はこちら ⇒ 【なぜ5個入りがお得なのか?】ヒカキンも絶賛!牛松本店の松阪牛 特選ハンバーグ 口コミと実食レビュー

神戸牛 辰屋:神戸牛ハンバーグ

明治創業。 100年以上神戸牛を扱う老舗しにせ肉店が開発した、湯煎ゆせんで食べられる極上ハンバーグ。

上質な神戸牛を100%使用したハンバーグで、ハッキリ言って「美味しい」です。

老舗らしい落ち着いた雰囲気の包み紙

 

竹の皮に包まれていると不思議とテンション上がります

 

開くとこのような形になっています

 

コクのあるデミグラスソースに、ほんのり香るスパイスが上品さを演出。ハンバーグを箸で割り、上からおさえつけると断面から肉汁が。

まさに「特別なハンバーグ」と言える逸品。

茹でて食べるタイプのハンバーグでここまでの完成度を誇れるのは老舗ならでは。

口コミでも『肉』について評価されることが多く、神戸牛の美味しさを存分に味わえます。

 

タップ(クリック)して口コミ情報をもっと見る

 

 

 

 

※詳細な実食レビューを見たい方はこちら ⇒ 【1個1,000円以上の価値はあるのか?】辰屋の「神戸牛ハンバーグ」口コミ情報と実食レビュー

なだ万:和風ハンバーグ

なだ万は1830年(天保元年)創業の日本料理店。日本を代表する老舗料亭のひとつと言われています。

政財界の要人や文豪たちにも親しまれ、夏目漱石森鴎外の作品にもお店の名前が登場しています。

そんな歴史ある「なだ万」が販売しているハンバーグは意外にもレンジで調理するタイプ。しかし「なだ万」の名に恥じない高レベルな料理に仕上がっています。

 

シンプルな落ち着いたデザイン

 

箱を開けたときの並びが美しい

ホワイトソースデミグラスソース2種類のソースがついており、どちらも和風にアレンジされています。※ハンバーグはレンジ調理でソースは湯煎ゆせん

ハンバーグ自体も和風のテイストが盛り込まれていて、和と洋の高度な掛け合わせが楽しめる、老舗でしか作りえない完成された料理。

お取り寄せのハンバーグ界ではまだ有名ではないので、他の贈り物とかぶる可能性は低いでしょう。

レンジで温めるだけなので、「調理環境が整ってない、または調理が得意では無い方へ高品質な食べ物を贈りたい」という場合の究極の選択肢だと思います。

 

 

タップ(クリック)して口コミ情報をもっと見る

 

 

 

 

 

※詳細な実食レビューを見たい方はこちら ⇒ 【絶品!2種類のソース】なだ万の「和風ハンバーグ」口コミ情報と実食レビュー

銀座四丁目スエヒロ:シチューで煮込んだハンバーグ

35年以上の歴史を持ちながら惜しまれつつ閉店したレストラン「銀座四丁目スエヒロ」。

伝統の味を受け継いで、現在はオンラインショップを中心に運営されています。

シェフの技術が生かされたハンバーグはまさにレストランの味

特筆すべきは、常温保存が可能な点。

お中元・お歳暮シーズンは贈り物などで冷凍庫がいっぱいになりがち。その点、銀座四丁目スエヒロのハンバーグは保管場所を選びません。

通販サイトの口コミでも

常温保存できるのはありがたいと喜ばれた

と言った声が見られます。

 

お歳暮の熨斗(のし)を付けてもらいました

 

箱を開けたところ。常温保存可能なパウチ状になっています。

 

 

※詳細な実食レビューを見たい方はこちら ⇒ 銀座四丁目スエヒロ シチューで煮込んだハンバーグ 【口コミと評判&実食レビュー】